検証(シミュレーション)にて的中率、回収率を事前に調査できる利益追求競馬予想成長型支援ソフト

的中率の上げ方

ブログ

的中率の上げ方

いきなり質問します。

皆さんの3連単の的中率、回収率はどのぐらいでしょうか?

今年度・・・

昨年度・・・

一昨年度・・・

収益管理ソフトを使っている人は簡単に現状の収支を出す
ことができるかもしれませんが、殆どのかたは、すぐに答
えをだすことはできないでしょう。

競馬で小遣いを稼ごうと思っているなら、必ず収支を管理
しておくことが重要になります。

IPATを利用しているからプラス、マイナスはすぐに分る。
だから、自分はちゃんと管理できている。

そう思っている方もいると思いますが、的中率はどうで
しょう!!

だいたい、一流バッターの打率ぐらいじゃないかな!!

そのように思っている方、本当ですか?

回収率が大切なのは皆さん分りますよね。

では的中率が大切なのは何故でしょうか?

多く的中したほうが良いに決まってるからだろう!!

こんな声が聞こえてきそうです。

確かに、多く的中することに越したことはありません。

しかし、一流バッターの打率ぐらいの的中率をだすのは
かなり厳しい筈です。

殆どの方は、2流、3流の打率ではないでしょうか!!
もしかしたら、もっと悪い成績かもしれません。(失礼)

的中率を意識するのには2つの理由があります。

一つは、回収率とのバランスです。

回収率はトントンもしくは少しプラスだが、的中率が
1割ぐらいだと、ストレスが溜まります。

的中率1割でも回収率が200%、300%なら差ほどストレスも
溜まらないでしょうが、トントンぐらいでは殆どの方は
ストレスを溜めてしまいます。

ましてや、毎回マイナスの回収率で的中率も悪いと
なれば、俺、競馬やめようかな!!と1,2度考えた
人も少なからずいると思います。

一流バッターの打率とまで行かなくても、それに近い的中率を
出すことは、ストレス解消のためには必要なことです。

さらに、このストレスが溜まると、本来の自分の予想スタイル
を変え、的中した筈の馬券も外すなんてことになります。

つまり、自分の予想に自身が持てなくなります。

二つ目の理由は、今の的中率をより上げるためです。

ん!? 何言ってんだ!!

きっと、首を傾げた方が殆どだと思いますので、もう少し
分りやすく話します。

仮にあなたの的中率が15%とします。

土日で5レース投資。一ヶ月で20レース投資すれば、3レース
的中することになります。

この的中率をもっと上げるためには、どうすれば良いか!!

予想スタイルにもよりますが、一言で言えば、

買い目を増やすことです。


買い目を増やす方法にも幾つかの方法があります。

相手馬を増やす。

3連単軸1頭ながしから

3連単軸1頭マルチ。

3連単軸2頭マルチ。

軸馬を増やす。

これらの方法を採れば的中率は上がります。

当然、買い目数が増えますが!!


これらの買い方を少し自分なりに改良して、
買い方を増やす方法を考えて見ましょう。

普段、あなたが予想している方法をメイン予想とします。
次に、サブとなる予想方法を用意します。

サブ予想はメイン予想の軸馬を変えます。

メイン予想の軸馬が1人気なら1人気以外の馬を軸にします。
(かと言って16人気のように極端な人気薄をを軸にする
ようでは、軸馬の選定方法を考え直す必要があります)

仮に2人気をサブ予想の軸馬とします。

2人気を軸にして買い目をだします。
メイン予想の相手馬が8頭位なら、サブ予想は2,3頭相手馬を
追加して買い目を出します。

これで、確実に的中率は15%以上になります。

当たり前だろう!!! とお叱りを受けそうですが
、少し考えてみてください。

メイン予想の的中率が15%なら
メイン予想+サブ予想の的中率は15%+αです。

しかし、実践ではこの予想の買い目をそのまま使用するのでは
なく、これからふるいにかけ買い目を少し絞り込みます。


メイン予想の買い目数を仮に50点
サブ予想の買い目数を仮に50点とします。

これらの合計100点からどうやってふるいにかけるか
ですが、目標を60点まで絞りこむことにします。

3連単の場合、1万未満は基本切捨てです。
1万未満を購入するのであれば、1万以上の買い目を
切り捨てることをお勧めします。
但し、この場合儲からないですが!!

100点のなかから1万未満を切り捨てたら
90点になったとします。

この90点の買い目の中に60万以上があれば
それも切り捨てます。
(これができない人は結構います。切り捨てると
60万以上の配当を逃してしまう!!とまるで60万
以上が的中するかのように思ってしまう方が多いです。
筆者もたまにこのような思いに駆られることがありますが(苦笑))

これで85点まで絞り込めたとしましょう。
残り25点を切り捨てるのですが、一つのサンプルを
示しておきます。

仮に残りの85点が以下のような買い目だとすると

1万~5万・・・25点
5万~10万・・・20点
10万~20万・・・30点
20万~60万・・・10点

次のように買い目を絞り込みます。
3万~5万・・・10点  
5万~10万・・・20点
10万~20万・・・20点
20万~60万・・・10点

上記のように絞りこむ方法は色々ありますが、
1万~5万の絞り込み方の方法について概要を話しておきます。

まず、1万~3万を切り捨て、それで10点にならなければ、
3万~5万で10点になるように絞り込みます。
(この3万~5万をどのように絞り込むかは、自分で考えてみて下さい。)

上記はひとつのサンプルですが、時には
3万以上を60点(配当の低いほうから60点に絞り込む)に
絞り込む方法もあります。

100点の買い目を60点に絞り込むには、レースごとの
売れ筋によって若干手法は変わりますが、この方法に慣れて
くれば、今の的中率をより確実に上げることができるようになります。

さらに、回収率を意識していけば、絞り方の方法がより
洗練されてくる筈です。

本ソフトでは、多くの買い目を色々な方法で絞りこむ
ことが簡単にできるようになっています。

的中率、回収率を上げることにチャレンジしたい方に
是非お勧めです。

コメント



認証コード6855

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional