検証(シミュレーション)にて的中率、回収率を事前に調査できる利益追求競馬予想成長型支援ソフト

ソフト使い方 その4

ブログ

ソフト使い方 その4

ソフト使い方 その4

このソフトを上手く使いこなすためには何をすればよいか?

前回の課題は

目標

的中率  20%以上
利益率  95%以上(赤字になっても構いません。取りあえずトントンを目指します。)

条件

1.対象レースは3連単

2.買い目点数は最大160点

3.軸馬は最大2頭まで

4.買い目は以下の配当を狙う

  ・1万~3万      20点
  ・4万~10万     20点
  ・10万~       20点
  ・20万~       20点

上記買い目以外に自由に80点まで買い目を追加可能

どうでしたでしょうか?

満足のいく的中率がでましたか?

課題の80点予想、自由課題の80点予想

どちらの成績が良かったですか?

おそらく、殆どの方が目的を達成できていないと思います。

皆さんが対象にしたレースによって狙い方がそれぞれ異なってきます。

未勝利を対象にしている人、10頭未満を対象にしている人、
1人気が1倍台を対象にしている人、メインレースを対象にしている人、
荒れるレース(と思っている)を対象にしている人。

対象レースは人それぞれまちまちです。

まず、下記の2つの表を見て下さい。
   
表1
   実際の配当      出現数
  ・1万未満       2
  ・1万~3万      13
  ・4万~10万     3
  ・10万~       1
  ・20万~       1

表2
   実際の配当      出現数
  ・1万未満       0
  ・1万~3万      2
  ・4万~10万     3
  ・10万~       8
  ・20万~       7

もし、皆さんのなかに上記表1もしくは表2に近いレースを対象にした
方がいれば、たとえ今回の結果が悪くともかなり有望なレース選択をした
ことになります。

野球に例えれば、選球眼が優れた選手と言えそうです。

表1、表2の結果に近いレースを選択した人は意識して結果を出していないかも
しれません。しかし、レースを選択する目はシッカリしたものがあります。

何故か!?

表1は配当1万~3万が良く出現しています。
レース全般的に言えることですが、1万~3万の配当は他の配当より
多く出現しています。しかし、対象レースをこの配当に絞って狙うのは
なかなか難しいことです。

1万~3万の配当は比較的当て易い配当でもあります。

軸馬は1人気~4人気、相手馬は1人気~8人気。大体この辺りで
決まっていると思います。

本ソフトの軸馬の平均的中率(3着まで)は大体6割です。
しかし、これを1万~3万の配当に当てはめればもっと的中率が
高くなります。

表1のように1万~3万の配当が多いレースを選択できるかたは、
買い目をかなり減らすことができ、的中率もかなり高くなります。

当然、収支もプラスになります。但し、高額配当などには初めから
手を出さないことです。そこを守れば、かなりの確立で利益をだす
ことができます。

では表2はどうでしょう。

これは10万以上の配当が良く出たレースを選択しています。

多分、荒れるレースを選択したと思います。

表2は表1とは異なり、高額配当狙いです。しかし、的中は
なかなか困難だと思います。

狙ったレースは思い通りに荒れたけど、1レースしか的中しなかった。
なかには的中0の方もいると思います。

高額配当を狙う方法は幾つかありますが、比較的取りやすいのが2着
馬に人気薄(9人気~13人気辺り)を絡ませるケースと、1着に
そこそこの人気、3着に人気薄を絡ませるケースがあります。

本ソフトの10万以上の配当の軸馬の的中率は全体の的中率(6割)に
比べてかなり低迷しています。

このようなことから、10万以上の配当を狙うときは軸馬を3頭ぐらい
にして、馬券を組み当てると当て易くなります。

仮にA馬,B馬,C馬3頭を軸とします。
A馬を軸にし10万以上を40点
B馬を軸にし10万以上を40点
C馬を軸にし10万以上を40点

これで買い目をだし、さらに2着馬に人気薄を絡ませて買い目を絞り
こめば、買い目を減らすことができます。
(本ソフトではこのような買い方の指定ができます。)

表1ほど買い目を減らすことはできないですが、そこそこ買い目を
絞り込むことはできます。

10万以上の配当は的中率が悪くても破壊力があるので、収支をプラス
に持っていくことはできます。
これも注意が必要なのは、浮気をしないことです。

このレースはどう見ても固そうだ。有力馬2頭を外した馬券は買えない。
などと云った固定概念は捨てることです。

10万以上の配当が出るという事は、思ってもいない馬が絡むことが
実に良くあります。

表2のレース選択ができる人は、買い目が少し多くなっても
思い切って10万以上を狙うのが、利益をだす近道と言えます。

次は、表1,2にも該当しない方はどうすれば良いか!!

今回課題を出した80点と、自由課題の80点予想をそれぞれ分析してください。

課題の80点は配当毎の的中率と収支。さらに全体の的中率と収支。
自由課題の80点は全体の的中率と収支をそれぞれ計算してください。

自由課題と課題の結果を見比べてください。
自由課題の80点を試していない人は、課題の80点の結果を良く見て下さい。

この結果らか使えそうなものがあるかどうかです。
もしくは、自分の現在の3連単予想の実力を計るひとつの物差しだと思って下さい。

つまり、どこが悪いのかを見るための物です。

全部悪い!!という方も結構いると思います。

ではどうすれば良くなるか! 

予算の少ない方、そこそこの予算を競馬に使える方。
条件は違います。当然、狙う配当や馬券の組み立て方も違ってきます。

予算の少ない方が高額配当を狙ってはいけない。と言う事は決してありません。
重要なのは、予想するスタンスを決め、それを守っているかどうかです。

別の言い方をすれば、自己管理ができているかです。

言うのは簡単。実行するのは至難の技。
自己管理とはそんなものです。

自分は自己管理なんかできない!と思っても、収支をプラスに
したいと云う目標をみて、何をすれば良いかを意識していれば、少しずつ
結果がでるようになります。

今回成績が悪いかたは、結果からどのような組合せをしていれば
提示した目標に近づけたかを検討してみてください。

本ソフトのシミュレーションの結果一覧で、レース結果の人気や配当をみて
どうすれば良かったかを研究して見て下さい。

かなり慣れてくると、ある程度のパターンが分ってきます。
そのレースが固い、荒れるかはなかなか掴みづらいですが、荒れる狙い方と
そこそこ固い狙いかたの違いを見につければ、徐々に結果が付いてきます。

少し、具体例を挙げます。

対象レースを、昨年12/14~今年の1/26までのグレードレースにします。

下記表を見て下さい。

全レース:14

  ・1万未満       3
  ・1万~3万      2
  ・3万~5万      1
  ・5万~10万     3
  ・10万~20万    2
  ・20万~60万    2
  ・60万~100万   0
  ・100万~      1

この結果を見て皆さんはどう思うでしょうか!?

これだけを見れば、5万~60万の配当を狙うのが良いと言えそうです。

さらに1人気が単勝1倍台の結果をみてみます。

単勝1倍台の1人気は3レースあります。
その結果、いずれも1着です。

3連単の配当は、
  5,240円
  2,220円
 15,380円

つまり、単勝1人気のオッズが1倍台のときは、見送るか
1万~3万辺りを決め打ちで狙うほうが良いと言えます。

これが、レベルの低い条件や、経験の浅い馬のレースでは
結果が違ってきますが、重賞レースではある程度この結果は
信用できそうです。

では5万~10万の配当は3回出現しています。
いずれも1人が3着以内に絡んでいます。

結果から言えば1人気を軸に5万~10万を狙うのがひとつの
馬券の組立てかたです。

次は10万~20万
2回出現していますが、4人気が共に3着までに絡んでいます。
しかし、この4人気はたまたま3着に絡んだと見るべきで、
10万~20万を狙うときの軸馬は1~5人気あたりから2頭を
選ぶのが良いと思います。

次は20万~60万
これも2回出現しています。
29万台と32万台の配当です。

29万台は2番人気が1着。2着に11人気と人気薄が絡んでいます。
上位人気が1着、人気薄が2着に絡む、高配当パターンのひとつです。

32万台は8-10-7人気で決まっています。

なかなか取れそうにない組合せです。

しかし、ここで簡単に諦めないで下さい。

今回、皆さんにだした課題は、レースの狙い方を実践を通して(馬券は買わない)、
今まで皆さんが取り組んできた方法と別な方法を発見してもらうために
課題をだしました。良い結果がでるとは思っていませんが、どの配当を
狙うのが良いか!?
どのように狙うのが良いか!?を自分で考えて貰うために課題をだしたつもりです。

では、どのようにすれば良いか!!

まずは、自分の基本パターンを決めることです。
これは的中率を意識します。

そして、中配当から10万台、20万台、30万台、40万台を的中できるような
狙い方をします。

軸馬を増やしても構いません。しかし、6頭、7頭では多過ぎますでの、
3,4頭を上限にするようにします。

相手馬も増やします。単に人気で決めても良いし、単勝オッズで10倍~30倍を
相手馬にしても良いですし、本ソフトの5走ポイントの割合で決めても良いです。

肝心なことは的中させることです。

但し、低配当は単勝1人気が1倍台などのように特別な条件でない限り、
馬券対象から除外します。

それで買い目をだし、的中率と回収率をみます。

回収率が60%、70%では問題がありますので、買い目数を減らすようにし
てください。できれば90%ぐらいまで回収率を上げられれば上的です。

これが、あなたの基本となる買い目です。

この基本となる買い目の的中率が、普段あなたが予想する的中率より良ければ
、この基本の買い目から馬券を絞る込むようにします。

絞り込み方は色々あると思います。狙う配当毎にこまめに10点ずつ。
1着馬固定に10点。2着に人気薄を絡めて10点などのように方法は幾つか
あります。

軸馬を決め、相手馬を決め、その組合せで馬券を組み立てる。この方法は
よく目にします。
低配当はこの方法でも良く的中しますが、高配当になるとなかなか的中しません。

高配当を狙うときは、馬の能力+買い方を馬券検討に組み込むことが重要です。

予算の少ない方はある程度決め打ち(1着固定、2着人気薄など)で馬券を
組みたてれば、的中率は下がるでしょうが、今まで以上の回収率が期待できる
ことでしょう。

本ソフトは、通常の能力で馬券を検討するのがメインではありませんが、
その機能を備えております。
そして、どのように買えば利益を出せるかを主流においています。

現バージョンにはない機能ですが、次回のバージョンでは、
こまめに買い目を追加できる機能を盛り込んでいます。

是非、あなたの馬券検討にお役に立てることを願っております。

この方法はトレーニングで、結果がでるようになるまでは馬券は購入しないで下さい。

結果を出せるようになるまで、訓練をして下さい。

コメント



認証コード2126

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional