検証(シミュレーション)にて的中率、回収率を事前に調査できる利益追求競馬予想成長型支援ソフト

ソフトの使い方 その3

ブログ

ソフトの使い方 その3

ソフト使い方 その3

このソフトを上手く使いこなすためには何をすればよいか?
前回は、的中率を上げることを目標にしました。

どうでしたでしょうか?

満足のいく的中率がでましたか?

的中率2割未満はかなり問題があると認識してください。

買い目点数最大240点
軸馬最大4頭までを条件にし、利益率は考慮しなくていいルールにしたので
、最低でも3割以上の的中率が欲しいものです。

的中率が3割に達しなかった方は、自分がどのような予想をしたかを
見直す必要があります。

大穴ばかりを狙った方。

固いレースを少しの点数で狙った方。

もし、このように予想理論を組み立てたなら、的中率はかなり
悪いものになります。

中には対象レースをG1のみにしていて、予想するレースの数が少ない人もいると
思います。

対象レースが少ないため、1レース外したため、的中率が悪かったと自分自身に言い訳
をしていたら、それは間違いだということに気づいてください。

前回の条件はかなりゆるい設定にしています。

利益を考えなくていいので、的中率はかなり上げることができた筈です。

目標を達成するのにどのようにすればよいかを、自分自身で色々と試行錯誤
しなければ、競馬でプラスの収支をあげることは難しいです。

前回的中率3割に達しなかったかたは、どのような予想をすれば3割に達したかをレース結果をみながら一度検証してみてください。




では次のステップに行きます。

今回は的中率と回収率を意識します。

目標とする数値は

的中率  20%以上
回収率  95%以上
(赤字になっても構いません。取りあえずトントンを目指します。)

条件

上記目標を目指すわけですが、次の条件に従って買い目を出してください。

1.対象レースは3連単のみ

2.買い目点数は最大160点までとします。

3.軸馬は最大2頭までとします。

4.買い目は以下の配当を狙うものとします。

  ・1万~3万      20点
  ・4万~10万     20点
  ・10万~       20点
  ・20万~       20点

※対象レースの出走頭数が小頭数で、20万以上の配当が無かったりしたとき以外は
必ず上記の点数分予想をして下さい。

最大160点の内、80点は上記の配当を狙ってください。
残りの80点分は自由にして下さい。

どの配当を狙っても良いです。
規定の80点のみ予想し、自由な80点は予想しなくても良いです。

成績が悪いようでしたら、上記の条件範囲なら途中で自由に買い方などを変更しても構いません。

(組合せを作成するときは、本ソフトの予想画面で買い目を作成
すれば、買い目を簡単に検証できます。)

約一ヶ月間続けてどこまで目標に達成できたかを検証して下さい。

では皆さん、頑張ってください。

※この方法は訓練です。よって、馬券は購入しないようにして下さい。

コメント



認証コード6246

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional