検証(シミュレーション)にて的中率、回収率を事前に調査できる利益追求競馬予想成長型支援ソフト

ソフトの使い方 その1

ブログ

ソフトの使い方 その1

このソフトを上手く使いこなすためには何をすればよいか?
今日は、このテーマに付いて少し話したいと思います。

皆さんの中には、なかなか利益を上げることができなくて、地団駄を踏んでいる方も多くいると思います。

あと少しで利益に手が届きそうなんだが、目の前で手の隙間から逃げてしまい、悔しい思いをする。

一時的には儲かることもあるが、数ヶ月後には赤字になっている。

このような思いと、バイバイするにはどうすればよいか?

上手くいかない原因は色々あります。
その原因を追究し改善する方法も一つの手ですが、ここでは別の方法を紹介していきます。

では何をやるか?

まずは、実践で練習をすることです。

競馬開催日に実際に買い目をだし、的中したかどうかを検証します。
但し、実際に馬券は購入しません

予想方法は何でも構いません。このソフトを使っても良し、独自の方法を使用してもいいです。

ただ、以下のルールは厳守します。

1.対象レースを決めておく。

(全レースを対象にしても、後半3レースのみを対象にしても、メインレースのみを対象にしてもいいです。)

2.レース締め切り前には買い目を出す。

(見送りレースなら買い目を出す必要はない)

一度買い目を出したら、実際に馬券を購入したものと考え変更はできない。

但し、締め切り前なら、買い目を追加することはできる。
一度出した買い目は減らせない。
(実際に馬券を購入したら、もう取り消しはできないですよね。それと同じ考えです。)

3.ノートに買い目点数、的中結果をつけていきその日の収支を出す。

ノートには1レース毎の買い目点数と配当、的中結果を記入します。

最後に収支をつけておきます。
いくら使って、いくら配当があったか。
そしてその差額をつけます。

ルールは以上です。

あとは、外れたレースに対して、どのようにすれば的中していたかを
検討したりしますが、とりあえずは上記のルールを守って実践してください。

次回は、このソフトの具体的な使用方法を伝えていきたいと思います。

コメント



認証コード4685

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional