検証(シミュレーション)にて的中率、回収率を事前に調査できる利益追求競馬予想成長型支援ソフト

安田記念(過去データ)

予想と傾向

安田記念(過去データ)

今週の安田記念の出走馬は無視し、過去のレース結果からどのように買えば
利益を上げられるかを検討して見ます。

実際の馬券検討は出馬表や当日の人気などから検討することになると
思いますが、ここでは過去の結果のみから検討して見ます。

では過去の傾向を見てみる事にします。

●過去の傾向(8年分)
■3連単の配当
 10万以上・・・・6回
 5万~10万 ・・・1回
 3万~5万・・・・0回
 1万~3万・・・・1回
 1万未満・・・・ 0回

5万未満が1回
5万以上が7回

低配当が1回 (1万台)
30万~50万台が4回
10万~20万台が2回
6万~10万が1回

先週行われたダービー以上に荒れるG1レースと言えそうです。

ここ3年は30万以上の配当です。大荒れです。

■人気別成績(1着-2着-3着-着外の数)(複勝数)
1人気:(1-0-0-7)(1回)
2人気:(3-1-0-4)(4回)
3人気:(1-1-1-5)(3回)
4人気:(0-0-0-8)(0回)
5人気:(0-2-2-4)(4回)

荒れるレースの典型パターンです。
1人気弱しです。

■1着馬

上記の人気別成績から見て分かるように1人気は信頼薄です。
2人気が3回も1着にきています。
今回はどうでしょうか?

後、1着に来た馬は人気薄の7,8,9人気がそれぞれ1回ずつきています。

このあたりのデータは覚えておくと、結構役に立つことがあります。

■相手

10万~20万台(2回)

1着馬はいずれも上位人気(2人気、3人気)

2着、3着のどちらかには9人気以上の人気薄が絡んでいます。

30万~50万(4回)

1着馬に上位人気(2人気)がきたのは昨年のみで、
それ以外は、7人気~9人気が1着にきています。

2着、3着は通常のパターンとは少し変わっています。
と言うより1着馬の人気によって左右されるパターンです。

昨年の1着馬は2人気です。
上位人気が1着にきての40万台の馬券です。

このようなケースは2,3着はかなりの人気薄が絡みます。
昨年は13人気、15人気と超人気薄どうしです。

他の30万~50万では2,3着馬の人気は10人気以内で収まっています。

■狙い方

3連単の軸馬は1頭固定ではなく、2頭でそれぞれの組合せを出したほうが
良さそうです。

軸馬に自信がある方は勿論1頭軸です。

1着に来る馬を上位人気と中位人気で分け、
2,3着馬の人気をそれぞれ区別して3連単の組合せを作成するのが、
買い目を減らすことができます。

これが大穴を狙う基本パターンです。
基本パターンで出した買い目から、+-して買い目を調整します。

コメント



認証コード4367

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional